第一に間違えてはならないことは

MENU

第一に間違えてはならないことは

亀頭であるとか裏筋などの周囲で見かけることが多い、白っぽいブツブツ状のものがフォアダイスと呼ばれているもので、しばしば変な病気じゃないの?と勘違いする場合がありますが、ウイルスや細菌によるものではなく、恋人などとのセックスによって感染はしないのです。亀頭とペニスの包皮の隙間に臭い恥垢がへばりつくので、皮で亀頭が隠れている仮性包茎の場合は定期的に包皮をずり下げて、たまった恥垢を取り除くことが欠かせません。

 

縫合した後は、勃起状態でない際にも少なからずたるみが残っています。そういった包皮のあまりやたるみによって、ツートンカラーの境目はきちんと覆われるので、もし他人の視線があっても感づかれることはないのです。包皮小帯が一般的な長さに比べて短ければ、余分な包皮がないにもかかわらず、包皮が亀頭に被さってしまう状態で困っているという人も少なくありません。こういったケースでは、包皮小帯が突っ張らないようにする治療を受けると良くなるのです。

 

「包茎」って、亀頭部分の包皮が長くてビロビロになっている…そんな状況を想像してしまう場合が少なくありませんが、カントン包茎については、仮性包茎とは違って包皮が短いことが理由なのです。よく仮性包茎の状態のペニスに結構発生するフォアダイスの平均的な直径は1〜2mm程度で、ゴマ粒程度の小さなものですが、ペニスが勃起したときに、ある程度気なることがあります。確かに早漏は短時間で射精に至ることには違いないのですが、ホントの問題は短時間であるということではなくて、自分自身で射精のタイミングのコントロールがちゃんとできないという事実です。

 

解消するには外科的な手術を実施します。カントン包茎というのは、自分で決めてほったらかしていると重症化するものですから、お医者さんの説明にはきちんと説明を聞きましょう。仮性包茎というのは、普通の生活において差し障りがなく、エッチをしても痛くはないので、必ず外科的な治療を行わなければならないというわけじゃないのです。男性器の快感を感じる部分のうち、とても大事なのが別名「裏スジ」という「包皮小帯」なのです。

 

技術不足の医者が手術の際にこれに傷をつけると、パートナーとの快感が非常に低下することになります。第一に間違えてはならないことは、真珠様陰茎小丘疹は恐ろしい病気とは違うということだと言えます。ウイルス等に感染することなく発生する普通の生理現象ともいえるもので、否応なく治療が必要なものではないのです。悪臭のもとの恥垢は、尿道球腺液、バルトリン腺に代表される分泌物が乾燥して亀頭の周囲や包皮との間に残っている垢のことを指して言います。

 

よくわからない物質のように思われますが、簡単に言えば精液とオシッコが乾燥して貯まっているのです。長すぎて余った包皮を切除した後にできる皮を縫合したラインを境目に、今までの部分と新しく出てきた部分の皮のカラーに違いがあります。このことが世間でツートンカラーなんて呼ばれる理由です。個人差がありますが、わずかなアレルギー反応が現れる可能性もあります。アレルギー反応を起こしやすい方は、あらかじめ亀頭増大手術を受けるまでに、アレルギー反応が発生するかしないか、執刀する医者に念入りに質問しておくことが重要なのです。